YouTube片岡篤史チャンネルに桑田真澄さんが出演していました。

いつも見ている片岡篤史チャンネルに元巨人の桑田真澄さんが出演していました。

ご存知とは思いますが二人はPL学園の先輩後輩の関係です。桑田さんはいまではタレントmattさんのお父さんで

有名ですが、PL学園時代清原和博さんとのKKコンビで甲子園五回出場優勝2回、準優勝2回するという輝かしい

戦績を挙げました。片岡さんにとっては憧れの先輩(二年先輩)をゲストに向かえて緊張気味にスタートしまし

た。

第一話PL時代の挫折

甲子園での強豪校だったPL学園も生徒の減少による野球部の廃部となってしまいました。桑田さんは部活復活に

尽力されているそうです。

桑田さんの野球を始めたころの小学生時代のエピソードを話してくれています。小耳にはさんだPL学園の名が頭

に焼き付いて小学生のころからPL学園に進んで甲子園に出場することを夢見ます。この後が桑田さんのすごいと

ころで夢を実現するために如何にするか考えます。コーチもいない部活の環境で考えます。ビデオもない時代で

す。雑誌に載っている有名選手の投球フォームの分解写真を切り抜いて貼って研究したとのこと。それで投球の極

意を会得したそうです。それからピッチャーとして成績がぐんぐん伸びてPL学園からスカウトが来るようになり

ます。憧れのPL学園に入学できましたが才能豊かで体格のいい生徒が集まっています。小柄なこともあり、専属

のコーチにフォームをいじられて球が走らなくなり野手転向となります。まったく期待されていません。ライトの

守備についていたとき変なおっさんに遭遇します。ライトからイチローばりの返球を返すのを見るなり、桑田さん

の専属コーチとなります。そのおっさんが伝説のコーチ清水一行さんでした。清水さんは一目見るなり桑田さんの

素質を見抜いて桑田がものにならなかったら野球を引退するといわれたそうです。まるでマンガのような話です

ね。このコーチとの出会いが運命を変えます。

背中を流すのがカーブの練習?

清水コーチとの練習がハードを極めたものでスクワット、ジャンピングスクワットの繰り返し。下半身の強化が目

的だったようです。

桑田さんはコーチに相談します「カーブが曲がらないんですが」コーチ「甲子園に行くころには曲がるようにな

る」桑田さん「?・・」練習が終わるとコーチと一緒にお風呂で汗を流します。コーチの背中を洗います「右手で

右回りや」延々と。

のちにこれが役に立つとは。甲子園一回戦投球練習で偶然にカーブが曲がるコツを発見。それ以降カーブとコント

ロールのいい直球を武器に快進撃します。

一年生ながらバッターとの駆け引きは抜群、三年生のキャッチャーを無視して自分でリードしたそうです。実は

バックネット裏に清水コーチがいて配球などのサインを送っていたみたいです。ストレートとカーブのに2種類だ

けで高校時代を通したのは2種類だけで勝てないようだとプロでは通用しないと決めていたから出そうです。

そういえば江川さんも堀内さんもストレートとカーブだけでした。

一年の夏の甲子園準決勝の対池田高校戦です。やまびこ打線で最強といわれた池田高校でしたので、あきらめムー

ドでしたが一回の守備でセンターに抜けるあたりを桑田さんがナイスキャッチ。これが試合の流れを呼び込んで勝

利に結びつきました。それからピッチャーの守備の大切さを痛感したそうです。

桑田さんの守備は天下一品でしたがのちにプロで怪我をする原因になるとは皮肉なものです。池田高校の水野さん

から打ったホームランもズバリ読みが的中したとのことでした。ピッチングだけでなく打者としても一流でしたが

ピッチングの組み立て、配球の読みからきたものですが、要はセンスの塊なんですね。学年がすすんで勝ち進むに

は省エネ投球が必要です。玉数を少なくして打ち取る方法を研究します。そして3年の夏に、二回目の優勝をしま

す。

プロへの夢

PL学園から早稲田大学そして巨人が桑田さんの夢でした。そのためにも勉学にも頑張っていた桑田さん。

ドラフト当日巨人から一位指名(まさか)、清原さんは巨人か阪神に行きたかったのを知っていただけに複雑な心境

だったようです。

巨人入団後ピッチングコーチにフォームをいじられて不調に陥り失意の桑田さん。

一人で自主練習していた時偶然が起きます。かつて8時半の男と言われた巨人のリリーフエース宮田さんが通りか

かり、目にかけてもらい指導してもらいます。

翌シーズンから復活。運命の1994.10.8中日戦での長嶋監督とのやり取りが超笑えました。通算173勝と巨人の

大エースとなり2006年に引退し、メジャーリーグに挑戦します。

桑田さんはピッチングだけでなく打者としても一流で打率0.216は1951年以降通算500打席以上の投手で一

番の記録を残しています。

現役時代打者として苦手だったのはオリックスの星野さん。中日の山本(昌)さん。二人は左腕の変則フォームで

す。広島の佐々岡(現広島監督)。

勝ちゲームでの終盤でのベテラン選手とのやり取りがほほえましく、いまではありえない話でした。

高木豊さんを加えてからの昔談義も面白いですよ。

桑田さんの意見

いま話題になっている高校での球数制限には賛成の意見です。

成長期の制限はアメリカの医学的な検証をもとに日本でも実施するべきとの意見で、強豪校が有利との意見には複

数のポジションを経験させて投手の数を増やすことで対処してはとのことです。

それよりも様々な協会が縄張り争いをするのではなく統一することが大切と述べています。

指導者の道もある桑田さんですが、巨人の監督にはならないのでしょうか。巨人は巨人一筋の人以外は成れないという不文律があるようです。

どんなに貢献しても移籍したり、スキャンダルがあったりすると成れないわけです。

桑田さんプロ野球、大リーグの経験があり、しかもスポーツ科学修士号も持っています。

将来プロ野球のコミッショナーになってプロ野球の発展に貢献してもらいたいものです。

感想

桑田さんは体格には恵まれませんでしたが、抜群のセンス、頭脳で大エースになりました。我々凡人が手本にした

いのは彼の生き方です。

まず将来の目標を決める。そこから逆算して行動する。巨人➡早稲田➡PL学園という風に。

子供のころ誰もが夢を抱きます。夢は夢、成長とともに夢は小さくなり場当たり的に。

ま、こんなものか。このへんでいいか。という人がほとんどでしょう。

自分の人生を振り返ってみて、参考になる番組でした。もう遅いですけどね(笑)