新型コロナウイルスのその後、その後、またその後。

緊急事態宣言後、不自由な生活を強いられています。私は変わりませんが。悲しいトホホ・・

財務省の深慮遠謀か

国難と言える今回の武漢肺炎で国民への対応の遅さはすべて財務省の石頭によるものと言えます。

100兆円と称していますが実際に国民にわたるお金は16.5兆円くらいだとのこと。

国民に経済的な負担を負わせていながら、補償はしたくない。これが本心です。

安倍政権も末期的症状で官邸が機能せず、財務省の取り込まれた勢力に回りを囲まれて身動きが取れな

い。

財務省から距離を置き、通産省を中心勢力に官邸主導の政治を行ってきた安倍政権は最後の最後に財務省

の反逆に会ったわけです。このままだと安倍政権は消費税を10パーセントに上げ、武漢肺炎へのまずい

対応で大不況をもたらし、オリンピックを延期にさせた大悪人の汚名を着せられそうです。

森友にしたってもとはと言えば、財務省の近畿財務局のチョンボから始まっているそうじゃないですか。

自らのミスを安倍政権の問題にすり替えたのでは。マスコミ、野党を取り込んで政権に揺さぶりをかけ

た。国会でこの問題に忙殺され政権はエネルギーを浪費してしまった。

追い打ちをかけるような今回の武漢肺炎。やることなすことちぐはぐ。緊急時に先頭に立つべく官房長官

は身内の不祥事でこれまた身動き取れず。特捜の一連の動きは安倍つぶしの一環かもね。そして一気に政

局へ。

我が世の春を謳歌していた安倍政権も財務省の用意周到な作戦に敗北か・・

神輿は軽くてパーがいいとは小沢一郎の名言ですが、財務所の担ぐパーは誰でしょうか。

岸田だろうな。これじゃ、日本沈没が目に見えてる。ほくそ笑むのは習近平。

戦後アメリカのポチだった財務省は宗主様を鞍替えしたのか?

PCR検査は是々非々

はたしてPCR検査を広げたら解決するのか?

政権に批判的な朝日新聞系、マスコミは散々PCR検査の必要性をアピールしています。いまだに連日T

VでPCR,PCRと連呼しています。

一方、安倍政権よりの保守系YouTubeチャンネルではPCR検査には否定的でした。安倍政権も当初専

門家会議の意見からPCR検査に消極的でした。実際の問題は検査体制がととなっていないことや、保健

所のマンパワーの不足からきているのかもしれませんが、時間稼ぎになったことは確かです。マスコミに

あおられた世間の声に押された形で検査数をようやく増やしてきました。岩手県はいまだに、唯一陽性者

を出していませんが、意図的に検査をしていないという事です。検査していないから陽性者が出ないのは

当然ですが、このままの状態で武漢肺炎が終息したら、一つの対応策として検討に値する治療指針になる

のではないでしょうか。

これからの治療指針は如何に

どうにか持ちこたえている今の医療体制はどうしたらいいのでしょうか。

いろんな情報を総合して、私なりに考えてみました。

発熱外来の創設。ネット診察の拡充でスクリーニング。疑わしい患者には積極的にCT撮影。

重症化しやすい高齢者へのアビガンの積極的に投与。

ワクチン、診断キットの開発の促進。いずれも時間がかかるかもしれません。

時間との勝負となるでしょう。中国に主導権を握られてはいけません。

中国の戦略

中国は何手も先を考えて戦略を練っています。アメリカとの覇権争いに必死です。通信、食料、知的財産

権で一敗地に塗れるかと思われましたが、偶然か、意図的かはわかりませんが新型コロナウイルスの感染

をうまく利用して逆転を狙ったものと思われます。

中国4000年の謀略の歴史の中を生き抜いてきた民族です。年季が違います。

人工呼吸器、医療器材が欲しければ中国製の5Gのインフラを導入しろと圧力をかけてきているそうで

す。まさにマッチポンプ。どの面下げて、厚顔無恥も甚だしいものです。

自由主義を守るのか、人権抑圧下の監視社会に生きるのか選択に直面しているのです。

私だったら絶対前者を支持しますが。

それもそうだけど、せめて、もらった防護服やマスクぐらいは返してもいいんじゃない。

礼には礼で返す。儒教の教えも廃れたり。もともと中華の本質は商ですからね。

日本人、欧米人は彼らの本質を理解できなかった。今こそ、目覚めるべきです。世界の国が。

今後の政局

このまま、阿保の安倍政権で終わるか。逆転は。自民党を割って、媚中派と親米派に別れたらどうか。

このままなら、岸田・財務省・マスコミ連合・媚中派の圧勝でしょう。

対抗として河野・通産省・保守・親米派でしょうか。私はこちらを応援しますが。

と勝手に想像しているのですが。