F35戦闘機は大丈夫なのか

航空自衛隊が採用し配備を進めているF35戦闘機。今年の4月9日青森県三沢市沖135キロの太平洋上に墜落した事故が記憶に新しいところです。

パイロットの遺体の一部と機体の一部が発見されました。墜落の原因がはっきりしないまま訓練が再開されました。F35って大丈夫なんでしょうか?

先日も三沢空港の滑走路に管制官の指示を無視して進入し民間航空の運航の邪魔をするということもありました。

F35は第五世代ジェット戦闘機に分類されるステルス機です。ロッキード・マーチン社の開発で空軍向けのF35A.海兵隊向けのF35B、海軍向けのF35Cの三種類があります。

A型は2006年、B型は2008年、C型は2010年に初飛行しています。航空自衛隊は老朽化したF4ファントムの後継と空母型護衛艦「いずも、かが」搭載用として併せて147機の採用を決めています。

31年度で40機が調達予定で三沢基地が実戦配備の最初の基地となっています。

さて、今年の事故はパイロットの空間失調が原因ということにされていますが、実際の原因は不明です。F35はエンジンが一基です。

航空自衛隊といては単発の戦闘機としてはF104戦闘機以来です。パイロットとしては単発だとエンジンの不調が事故に直結しますので、操縦時に不安がつきまといます。

今の戦闘機は操縦時の姿勢制御のコンピューター化が進んでいます。昔の航空機は飛行中安定した飛行ができるように設計されていました。そのため急な運動をするとかえって機体の安定性が邪魔になりました。

F16が採用したフライ・バイ・ワイヤー操縦から飛行中あえて不安定な姿勢になるように設計しコンピューターを介して姿勢制御して飛行するようになりました。コンピューターの進化とともに考えられない姿勢で飛行できるようになりました。

考えられない姿勢や機動にパイロットが付いていけない状態になっているのではないでしょうか。

いくらGスーツを着てるとはいえ6G,7Gの世界に脳が耐えられなくなるのではないでしょうか。

パイロットの年齢も影響していることでしょう。4月の事故のパイロットは41歳でした。普通ならパイロットしては引退している年齢です。

航空自衛隊もパイロットの高齢化が進んでいるのかもしれません。パイロットの養成には多額の費用と時間がかかります。民間パイロットの不足も深刻です。国はもっとこの問題に真剣に取り組まないといけないと思います。

F35は用途によって3種類の機体があります。アメリカ軍は過去にF111で海・空軍併用で失敗の経験があります。

各軍の要求を満たすために設計に無理が生じて失敗したのですが、F35も同じ轍を踏むような気がします。だいたい機体が美しくない。

過去名機と呼ばれた機体はどれも美しかったものです。ゼロ戦、スピットファイヤー、ムスタングなどなど。

昔は設計者の美意識、個性が設計に現れたものです。堀越二郎、ミッチェル、シドニー・カム、メッサーシュミット、クルト・タンク、ケリー・ジョンソンなど。

現在はチームで設計し、コンピューターで図面を引く世界ですから個性を表出できる訳がありません。

MRJがうまく行かないのは強力なリーダーシップを発揮して引っ張っていく技術者がいないからではないでしょうか。HONDAジェットの成功と対照的です。組織が大きくなってサラリーマン化して売ることが先行して調整型の人間ばかりトップに据えては成功できないでしょう。

三菱の技術力の低下が問題になっています。このままでは新型国産戦闘機の開発も怪しくなってきました。

中国、韓国、北朝鮮と日本を取り巻く環境は厳しくなっています。在韓米軍の撤退も現実身を帯びてきました。国防問題は待ったなしです。

ラグビーワールドカップ 2019日本大会

現在日本各地で行われているラグビーワールドカップを皆さん観戦していますか。連日マスコミでも取り上げて盛り上がっています。今日はサモア戦負けられない一戦です。日本中にわかラグビーファンであふれていますよね。私はラグビーファンというわけではないのですが・・・一言。

ラグビーといえばまずテレビドラマが思い出されます。「われら青春!」「スクール・ウォーズ」など最近では「ノーサイド・ゲーム」があげられます。

日本ではラグビーははっきり言ってマイナースポーツですよね。テレビ中継は大学ラグビーの早明戦くらいなものでした。

ラグビーブームは何回かありました。新日鉄釜石の七連覇、神戸製鋼の七連覇の時などです。松尾雄治、平尾誠二などプレーは当然なんですがむしろハンサムな点などミーハー的な意味で大人気となりました。二人ともチームの司令塔、花形ポジションのスタンドオフですからね。

日本は1987年の第一回大会から参加しているのですが28戦4勝22敗2分けという残念な結果です。特に第三回大会(1995)の対ニュージーランド戦の14-145の大敗はショックな出来事でした。これは一試合での最多失点の大会記録だそうです。

これでラグビーブームも一気にしぼんでしまったのです。だいたいラグビーは番狂わせの少ないスポーツですのであまりの実力差に参加する資格があるのかという問題が浮上します。

サッカーのワールドカップでもやたらと参加チームを増やしたせいで一次リーグなど実力差がありすぎてつまらない試合が多くなりました。サッカーだったら戦術的に守って守って一発カウンターで勝つ(有名なマイアミに奇跡)ということも可能ですが、ラグビーはどんなに前半健闘しても最後には力尽きて負けとなるパターンがほとんどです。今大会でも実力差が明らかな試合が多々見受けられます。

高校の頃ラグビー部というと泥んこで汚い、怪我だらけ、バックスが陸上部より足が速くてびっくりなんてイメージでした。

高校の同級生のラグビー部のやつがラグビーマガジンの表紙を見せて指さすではないですか「ここ」スクラムを組んでいる選手のパンツの股間のあたりに何かが写ってるではありませんか。

当時ラグビーパンツの下には履いてなかったとのこと。嘘っ、びっくり、そういえば昔柔道も剣道も道着の下は無しだったとか・・真偽は定かではありませんが。

現在ではユニフォームの下にアンダーシャツやパンツをつけてますが。サッカーでも普通のパンツを履いていると泥だらけになるので洗っても汚れが落ちないから競泳用の海パンを履いてました。

スクラムの時プロップの股間にロックの腕がのびてプロップのユニフォームのおなかの部分をつかんで組むんだそうです。スクラムで力が入るとロックの腕が持ち上がってプロップの股間が痛い痛いといった話をききました。

学生時代サッカーをやっていたのですが、隣でやっているラグビー部の練習を見て感じたのですが、ひたすらボールを蹴って走っての連続で遊びの要素が全然ありません。何が面白いのかなあと。高校時代ラグビーをやってて大学でサッカーを始めた奴がいたのですがキックが全部上にあがってしまうんですね。全部パントキックになっちゃうんだなあ。最後まで治らなかったなあ。

ラグビーといえば昔NHKで五か国対抗(イングランド・ウエールズ・スコットランド・アイルランド・フランス)の試合が放映されました。実力が拮抗して面白い試合ばかりでした。

当時からキッカーの実力がすごくてハーフライン当たりでペナルティーをもらうとみんなペナルティーキックで点数が入ってしまうという状態でした。

試合がこれじゃつまらないということでトライの点数が4点から5点に変わった経緯があります。

今大会で気になったのは試合の間隔が空きすぎということです。日本に有利に組まれているということで他チームから不満が出ているとのこと。怪我の多いスポーツですから仕方ないかもしれませんが日程の制約がないせいなのでしょう。サッカーだと各国のリーグ戦のスケジュールが決まってるので自ずと日程が決まってしまいます。

昔は交代選手も二人ぐらいでしたが今は8人とか一時退場なんか昔なかったよなあ。時代とともにルールも変わってしまいました。

日本の一次リーグ突破を祈るとともに、ラグビーの本当の面白さはこれからです。

ますますラグビーが盛り上がって大会が成功裏に終わることを期待しましょう。

旅行 関係 You Tuber

最近必ず見ているYou Tubeが「スーツ旅行」です。風変わりなタイトルですがYou Tuberのニックネームが「スーツ君」なんだそうで、名前の由来が毎日スーツを着てるからとのこと。

変わり者かなと思ってたら、俳優の松坂桃李に似た好青年でした。今、横浜国立大学の4年生だそうです。

経歴も変わっていて子供のころから筋金入りに鉄道ファンで将来はJR職員になることが夢だったそうです。夢の実現のため鉄道会社の就職に特化した学科のあることで有名な東京の私立岩倉高校に進学。高校の成績もトップクラスでJR東日本への就職は確実のはずが、なぜか不合格。急きょ進路を変更、推薦入試で横浜国立大学に滑り込んだそうです。

私の大学受験の頃は国立大学は一期校、二期校の時代で一発勝負でした。今のように推薦だ、AO入試だ、一芸入試だと本来の学力が試されないままに入学してしまって大丈夫なのか心配になります。

もともと優秀なんでしょう「スーツ君」はYou Tuberと学業を両立させ数々の危機を乗り越え留年もせず無事進級をしています。本来なら4年生ですから就活も終わってゼミでの卒論の仕上げに入っている時期なんでしょうが、「スーツ君」は「夏休み全国一周の旅」を配信しています。

8月1日北海道の稚内を出発して限られた予算内で収まるように倹約しながら旅行中です。現在は沖縄から配信しています。

旅関係のYou Tuberはたくさんあるのですが「スーツ旅行」は編集、バックの音楽など作りが丁寧だし、なんといっても「スーツ君」の圧倒的な知識量、訪れる各地のリサーチが徹底していて感心します。

私も全国あちこち旅行をしましたが観光地、名所名跡ばかりですから「スーツ旅行」を見れば全国をきめ細かく訪れた気分を味わえることでしょう。私の地元を訪れた会はうれしくて「ああここだ、あすこだ、あそこに行くのかなあ」とPCの前で思わず声を上げてしまいました。PCの画面上とはいえ全国のあちこちを訪れることができて、本当に便利な世の中になったものだと感心するとともに「スーツ君」に感謝しないと。

You Tuberは多々いますが「スーツ君」は声が聴きやすく誠実な人柄が画面からも伝わってきます。大学生といえば遊びたい盛りですが、友達も彼女も作らず、おしゃれもせず毎日スーツを着て(夏はワイシャツ姿)くたびれた靴を履いて、リュックを背負って全国を旅してる。現代の修行僧の姿かもしれません。現代の西行、松尾芭蕉かもしれませんね。

いや、「スーツ君」は賢いですから計算づくでしょう。おしゃれに興味がなくて学生服代わりにスーツを買ってもらって毎日通学。何が幸いするか分かりませんが節約の意味で着ていたスーツが個性となったわけです。

You Tuberがどのくらい儲かるか分かりませんが「スーツ君」はかなり儲かっているようで何と学生ながら株式会社を設立、社員もいて社長さんになってしまいました。

大学卒業後はYou Tuber専業になるようです。番組で稼いだお金は新たな旅行に投資して番組を作るということになるわけですが今までも全国、世界と旅行して番組を作ってきました。行きつく先はどこなんでしょうか。地球上行くところがなくなったらどうするのでしょうか。

彼なら今までのノウハウを利用してYou Tuberをマネージメントして戦場の実況とかエベレストの登頂とか南極の極点からの実況なんて配信するかもね。

昔通信社が記者やカメラマンを雇ってニュースを作ったのが、今はYou Tuberがリアルタイムで配信する世の中になりました。

おじさんはこういう世界についていけるかはなはだ疑問に思う毎日です。

また「スーツ旅行」の姉妹サイトも「スーツ交通」も必見ですよ。

ロイス、ロイス、ロイス!!

ドイツサッカーを応援して45年になります。ドイツは去年のワールドカップでは不本意にも一次リーグ敗退となりましたがいまだ強豪国の一つです。

ドイツサッカーは数々のスターを輩出していますが、現在は何といってもマルコ・ロイス(経歴などはウイキペディアを参照して下さい)でしょう。

彼のプレーを初めて見たのはボルシアMG時代でした。現在所属しているボルシア・ドルトムントのルシアン・ファーブル監督がボルシアMGの監督をしていた頃です。圧倒的なスピード、抜群のシュート力でチームをけん引しました。

プレーが素晴らしいのは当然ですがハンサムでピシッと背筋を伸ばしている姿が美しいのです。往年の名プレイヤーベッケンバウアーの立ち姿を彷彿とさせます。

ドリブルの際、姿勢がよく頭を上げているということは周りが良く見えているということです。一瞬の判断が要求されるサッカーでは大切なことです。

私は学生時代いくらかサッカー経験があります。ポジションはバックスでした。経験上パッサーはパスの際、受け手に視線を送ります。視線の先を読んでインターセプト、クリアーするというわけです。

ところがロイスクラスになるとノールックパスがあたりまえです。バスケットボールでは良く行われていますよね。NFLになるとアイフェイクといってQBが偽の視線をレシーバーに送って守備陣を惑わすことありますが。とにかくノールックパスをするにしても守備陣の隊形、味方の位置を素早く判断するためには頭をあげて周りをよく見るということが大切なのです。

彼の唯一の欠点は怪我が多いということです。細身の体のせいもあるのかもしれません。残念ながら代表チームでは結果を残していません。天才型のプレイヤーにありがちです。

大きな大会の前になると怪我をして不出場、満を持して臨んだ去年のワールドカップでしたがチーム力の低下、監督の采配の硬直化、相手チームの対ドイツ研究が進んだりして一次リーグの敗退となりました。彼にとっても不本意な大会となってしまいました。

昨年もブンデスリーガーでも圧倒的にライバルであるバイエル・ミュンヘンに差をつけていたのに最後に息切れして優勝を奪われてしまいました。今年こそはバイエルンを破って優勝してほしいのと2020年欧州選手権で優勝してドイツサッカー復活を成し遂げてほしいものです。ガラスのエースという汚名を返上してロイスがMVPになってほしいと念願しています。念願というより悲願ですね。

もともとドイツサッカーに夢中になったきっかけは1974年ワールドカップ西ドイツ大会です。決勝の西ドイツ対オランダ戦は初めて生放送された試合でレジェンド、ベッケンバウアーとヨハン・クライフが戦うという夢のような試合でした。西ドイツが2-1で勝ったのですが高校の一学期の期末試験の最中で眠い目をこすりながら正座して見た記憶があります。

当時バイエル・ミュンヘンがチャンピオンズカップ三連覇を成し遂げ全盛時代でした。私はへそ曲がりなのか圧倒的に強いものにはアンチの感情が湧き上がってくるものですからライバルチームのボルシアMGを応援していました。余談ですが大鵬は嫌いで柏戸、巨人は嫌いで広島のファンです。バイエルンの後はボルシアMGの時代となるのですがとうとうチャンピオンズカップでは優勝できませんでした。

今でもボルシアMGは応援していますしボルシアMG出身の選手を応援しています。現在のボルシア・ドルトムントも監督をはじめとしてロイス、アザール、ダフードとボルシアMG出身の選手がいますから両チームを応援しています。

だいたいバイエルンのように金にあかせてライバルチームのエースを引き抜いて(レバンドフスキーやフンメルス)自チームの強化と相手チームの弱体化を狙うやり方は卑怯です。だから同じやり方の今年の巨人の優勝は評価しません。フェアーじゃないよね。これからもサッカーの話を書いていこうかなと思っています。

私の車遍歴

私は車の運転が大好きで、今まで数多くの車を乗り継いできました。二十歳で免許を取って以来四十年運転してきた経験から達した結論は国産車が一番ということです。

日本の交通事情に合ったボディーサイズだし必要十分な馬力、故障しにくさ、メンテナンスの安さなどからです。特にTOYOTAの車は完璧です。外車もVW,Audiを乗りました。VWはゴルフ2、ポロ、パサートバリアント、ゴルフ4と乗り継ぎました。AudiはAudi80だけでしたが馬力がなくて鈍重なイメージだけでした。

ゴルフ2はやたらと故障が多かった。走行中にエンジンが止まりそうになり高速道路で走行中に症状が出ることもありヒヤヒヤものでした。ヤナセに持ち込んでも症状が出ないこともあり、原因不明でした。たまたま「カーグラフィック」を読んでいたら同じ症状の話が出ていて「エアーフローメーター」が原因とのことで修理してもらい治りました。ヤナセは工賃が高くて、代車に左ハンドルのマニュアルのポロが来たときは閉口しました。代理店がTOYOTAに代わって助かった記憶があります。ヤナセはいまだに殿様商法をしてるのでしょうか。

走行中といえば学生時代1980年ころ乗っていた三菱「ランサー」が走行中ウオーターポンプのシャフトが折れてストップ。幸い事故にはならなかったものの、当時の国産車の信頼性も大したことはなかったですね。同じころおじさんの運転していたマツダ「キャロル」が走行中にタイヤが外れるという珍事もありました。今では信じられない話ですね。ゴルフ2はまたボディーの隙間にワックスを充填しているのですが、合わせ目の工作が不十分なのかワックスが漏れて、汚かったなあ。ゴルフ4ではメキシコで生産されてるせいなのか工作が不良でトランクのしまりが悪かったし、パサートバリアントは納車の日にエンジンがかぶってしまって動かずJAFを呼ぶ羽目に。

全般にドイツ車は電装関係が弱い印象があります。本で読んだのですが、車をはじめとして工業製品に対する哲学が違うようです。ドイツ車は整備しやすいように設計されていて素人でも部品交換ができてしまう。国産車は整備士の職人芸でないとできないような精緻で巧妙な設計でできているとのこと。そのため絶対故障しないという信頼性がうまれたのでしょう。先の大戦で、ゼロ戦が軍の過度の要求を満たすために血のにじむような努力で精緻で巧妙な設計で作られています。そのため製造過程での工作のしにくさ、整備のしにくさが指摘されています。製造も職人芸が必要で三菱製が中島製より作りが丁寧で故障も少なかったという話でした。

先の大戦時には飛行機を作るにも工作機械は全部アメリカ製でしたし、根幹となるエンジンやプロペラはアメリカ製のコピーでした。当時の日本の工業技術のレベルではアメリカからの技術の輸入ができなくなった時点でアウトだったのでしょう。

それが今ではどうでしょうか工作機械は日本メーカーの独壇場、絶対的な信頼を得て日本製自働車はナンバーワンです。私の住んでるところは豪雪地帯でもあり冬道を走るうえで4WDは必須アイテムといえます。念願の4wDがほしくてパサートバリアントは4WDを選んだのですが、車体が重いせいかあまり走破性がよくなかったですね。のちに乗ったTOYOTA車のパートタイム4駆で十分でした。雪国では国産車の4駆で国産のスタッドレスタイヤの組み合わせがベストでしょう。

現代の車は電子部品の塊です。電気自動車の普及はますます広がるでしょう。電装関係に強い日本メーカーは盤石です。航続駆距離を延ばすことに必須の全固体電池の開発でも日本の研究が進んでいますし、省エネ、小型化をもたらすパワー半導体の開発も日本のメーカーが進んでいます。しばらくは日本のメーカーの優位は続くことでしょう。

話題の自働運転ですが5Gの普及がカギを握っているのではないでしょうか。5Gは夢の通信技術と喧伝されていますが通信範囲が狭い関係で多くの基地局の設置が必要です。都市部や高速道路では基地局は設置しやすくても田舎ではそういうわけにはいきません。自働運転はあくまでも高速道路限定になることでしょう。事故った時の責任問題など問題は山積みです。

You Tubeは楽しい

初めまして。還暦過ぎて暇を持て余しているおっさんです。仕事を引退したせいで

時間ができ、あちこちうろうろしています。日常生活で楽しんでいること、気が付

いたこと、興味を持ったことなど、気ままに書いていこうかなと思っています。興

味がありましたら読んでみください。

最近楽しんでるのは何といってもYou Tubeです。毎日PCに向かっていることが

多いのですが、大部分をYou Tubeを見てるって感じです。

当然、自分の趣味や興味に関連するチャンネルなんですが「文化人放送局」「スー

ツ旅行」「高木豊」「吉田製作所」「気まぐれクック」「スカパー海外サッ

カー」などなど

地上波のニュースや新聞の記事に違和感を感じている昨今、第三のメディアとして

の役割を果たしてるのではと感じています。

通信インフラ、通信機器の進歩により3G,4G,5Gと世間をにぎわしています。

既存のメディアから押し付けられる一方通行の情報から一般視聴者からの投稿の情

報がニュースに使われることが多くなりました。投稿のほうが何より早いし現場の

臨場感が伝わります。既存のメディアも投稿映像を編集して使ったほうがコストが

かからず大助かりでしょう。まあ、フェイクニュースってこともありますが。既存

のメディアも意図的情報操作は日常茶飯事だし、莫大な情報も玉石混合ですし、何

を信じたらいいのか読者の見識が試される時代ともいえます。

私は病気があり自由に旅行ができないので旅気分が味わえるチャンネルが大好きで

す。スポーツ観戦のチャンネルもいいですね。BS,CS,DAZNなど世界のスポーツを

観戦できる世の中となりました。サッカー、野球、アメフトのファンなのですが視

聴のためにいちいち契約する事はお財布に厳しいし、全部を見る時間もありませ

ん。ダイジェストだったらネットで十分見ることができます。

検索する際、文章より映像のほうが情報量が圧倒的に多いし、繰り返し見れますか

You Tubeは便利な検索ツールともいえます。

私は地方都市に住んでいますので東京のキー局のTV放送をすべて視聴できません。

ネット配信もありますがYou Tubeでアップしてくれた番組は無料で見れます。

大好きな音楽も聞けます。レコード、CDを大量にコレクションしていたのですが断

捨離の意味もあって処分してしまいました。これから購入したって邪魔になるだけ

だし。ヘッドフォンでしか聞けない環境なのでCDもネットも同じです。

まだまだYou Tubeを視聴して日も浅く知らないチャンネルはたくさんあると思い

ます。PCの画面の先にたくさんの未知な世界が広がっているかと思うとわくわくし

ます。